校歌

 

 

 

kouka1

1 古歌に詠まれし 三島野も
  代々に鋤かれて 千町田に
  八束穂みのる 豊けさよ
  御代の恵みぞ 極みなき

kouka2

2 雲に秀ずる 太刀の峰
  二上山も 窓近し
  山を心の範として
  学びの道をたどるかな
kouka3

3 いざや我が友 わが町を
  射水平の ただ中に
  理想の町と 進めつつ
  御代の恵に 報いなん